小売店店長運営マニュアル

勝つ売り場作り

勝つ売り場作り

  • いくらよい商品を作ったり、仕入れたりしても、それだけではお客様は来店してくれません。
    売り場もバランスが大切で、商品と売り場と販売員が一体となって
    成り立ってなければ、「生きる」売り場とはなりません。
    お客様に①目をひかせ
        ②好感をもたせ
        ③良さを知ってもらう
    売り場作りをしなければなりません。
  • 売り場作りの基本は、レイアウトと陳列とPOPです。
    以下の点に注意を払い売り場作りをしてみる事です。
    • レイアウト
      ①入りやすいか
      (入り口が広く入りやすい、開放感がある、外からでも商品がみえる)
      ②出やすいか
      (通路が狭くないか、自由に歩き回れるか、買わなくても出れる雰囲気を作っているか)
      ③店内を回りやすいか
      (関連ある商品が、系統別に並べてあり、それに沿ったレイアウトがされているか)
      ④商品が見やすいか
      (売れ筋商品、季節商品、スポット商品、お買い得商品などで訴求しているか)
      ⑤商品が選びやすいか
      (売上に見合った商品数、スペースが取れているか)
    • 陳列
      ①見やすいか
      (照明が明るいか、見やすい高さか、位置は正確か、
      販促道具や設備は訴求商品を生かしているか)
      ②選びやすいか
      (商品の分列ができているか、価格表示は見やすいか、お客様の目線で商品が並んでいるか、豊富感があるか、配色に気を使っているか)
      ③買いやすいか
      (売れ筋商品の販促訴求は出来ているか、立体感のある陳列か、清潔感があり、見ていて楽しいと思える演出か)
    • POP
      会社の統一のテンプレートを使用し、オリジナルのPOPはなるべく使用しないほうがベターです。これはPOPの統一感をもたせたほうが、見やすいからです。会社がどのようなテンプレートを使用しているのかわかりませんが、なるべくシンプルなものがベストです。注意点としては、
      ①商品とPOPの位置を確認し、統一感がでているか
      ②品名、価格、その他の表示は正しい情報か
      ③汚れ、破れなどないか
      ④商品がPOPで隠れていないか
      ⑤賞味期限、販売期間をすぎたPOPはないか
      ⑥POPが大き(小さ)過ぎないか
      ⑦商品のイメージと合っているか

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional